[ 適 当 と 情 熱 の あ い だ ]

何かをしたい者は手段を見つけ、何もしたくない者は言い訳を見つける。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

すごくリアル 

今日はガソリンの節約で自転車で職場に行きました。

普段の5倍くらい時間かかったけどそのくらい我慢しないと。

通り道に大きな体育館があって被災者が避難して来てるんだけど、そこでスクリーニングを行ってた。

切実に測定して欲しくて、仕事帰りに寄ってみたけど時間が終わってた。

-

出勤したらうちの施設に県内の海側で被災した利用者が入ってきてた。

しっかりした人で、地震と津波の恐怖について話してくれた。

地震が起きて一緒に住んでいた家族と逃げている最中に津波にのまれて、家族と離れ離れになった、と。

関節の脱臼くらいで助かって避難所にいたけど、家族の安否が心配だし寒くて眠れなかった、と。

やっと連絡が取れたら家族は県外に逃げて助かっていた、と。

でもその場所に行く手段がなくて県内の避難所を転々とさせられてうちの施設に辿り着いた、と。

時折涙ぐみながら下を向いて話す姿を見て胸が痛みました。

「うん、うん、大変でしたね」と肩や膝をさするくらいしか出来ない。

「大変でしたね」って被災者の気持ちは被災者にしか分からないんだろうけど。

世の中のテレビやネットの報道、記事、ブログ、Twitterなど、本当に直の被災者はもとより俺程度の影響でも神経を逆なでされることが多々ある。

軽々しく言葉を発するものじゃない。

とは言っても阪神・淡路大震災や宮城県沖地震の時に自分がどうしていたかというと思い出せない。

きっとテレビを見て「大変だな」と思いはしても普通の暮らしをしていたんだろう。

「今日何食べよう」「明日仕事かーダルイな」「今度遊びに行く日何時に出ればいいかな」

-

みんなで少しの想像力と配慮を持てるようになろう。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。