[ 適 当 と 情 熱 の あ い だ ]

何かをしたい者は手段を見つけ、何もしたくない者は言い訳を見つける。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

象の背中 



何度も泣いてしまいました。

優しいさみしい声と曲調とアニメーションがとても合ってますね。
スポンサーサイト

ロザリータ 

ミスチルの2年ぶりのアルバム「SENSE」買いました。

sense.jpg

王道系、嘆き叫び系、応援系など色々入ってて良い感じ。

ここ何年も続いてた「笑顔」とか「人類愛」みたいなものを全面に出す感じから少し方向転換したのかな。

少しもがき苦しんでるような様子が俺は好きです。

とりあえずカラオケで擬態とfanfareを練習しよう。

ライフ イズ ビューティフル 




君が流した涙が いつか花を育て咲かせて
君の目の前に 広がるはずだから
君が乗り越えた壁は いつか君を守る盾となって
君をそばで いつまでも支えるだろう

顔で笑って 心では泣いて
「楽しく生きる」どころではないって?
心配すんじゃねぇ 今はちょっと運がねぇだけ
だから皆同じ もう少し踏ん張れ
君が倒れりゃ 肩も貸すし
もう歩けないなら 足にもなるし
困ったならば手を借り 時には手を貸す
そうやって人は「人生」という絵を描く
土砂降りの日もあれば 晴れの日もある
でも今日というこの日は いくら待てど二度無く
「泣き」「笑い」抱え 今君が生きてる
それだけの事で 誰か幸せに満ちてく
だからこそ言うんだよ「生きるって素晴らしい」
悩んでる君に 捧ぐならこんな歌がいい
泣きたい日は泣け 笑いたい日は笑え
美しき人生 君のままで

苦労 苦悩 越えた自分に
おはようハロー もう辛くないよ
泣いたり 悩んだりするから 人生は美しい
ボディーブロー 耐えた自分に
おはよう ハロー もう辛くないよ
泣いたり 悩んだりする 君だからこそ美しいから

思い通りに行くことの少ない世の中
目的 夢もよく見えない ここから
だが時は経って 過去は去ってく
今日も新しい日々が待ってる
時に投げ出す 自分を隠さず
誰しも同じ思いがあるはず
不安な心 抱えた悩み
それは神様が君に与えた課題
現実と理想を彷徨う前に
立ち止まる勇気 見失う前に
もう振り返りたくない 過去でも
これからの幸せの数 数えよう
今を急がず その身を任せ
ありのまま気負わず 君らしくあれ
窓からの朝日 その目を覚まして
君しかできない 笑顔を咲かして

苦労 苦悩 越えた自分に
おはようハロー もう辛くないよ
泣いたり 悩んだりするから 人生は美しい
ボディーブロー 耐えた自分に
おはよう ハロー もう辛くないよ
泣いたり 悩んだりする 君だからこそ美しいから

些細な願いも 小さな幸せも
消えてしまいそうな 君へ
「目の前にある物 信じられ無くなった」と
「もう嫌になったよ」と
呟いた君の言葉 聞こえたから
僕らは 君のそばで歌うよ
君が 笑顔になるのなら
素晴らしい人生の 途中から
また 再び笑えるのなら
美しき人生の 友だから

君が流した涙が いつか花を育て咲かせて
君の目の前に 広がるはずだから
君が乗り越えた壁は いつか君を守る盾となって
君をそばで いつまでも支える

君が流した涙が いつか花を育て咲かせて
君の目の前に 広がるはずだから
君が乗り越えた壁は いつか君を守る盾となって
君をそばで いつまでも支えるだろう

苦労 苦悩 越えた自分に
おはようハロー もう辛くないよ
泣いたり 悩んだりするから 人生は美しい
ボディーブロー 耐えた自分に
おはよう ハロー もう辛くないよ
泣いたり 悩んだりする 君だからこそ美しいから

旅立ちの唄 

旅立ちの唄 Mr.Children




怖がらないで。

手当たり次第に灯り点けなくても

いつか一人ぼっちの夜は明けていくよ

転んだ日ははるか遠くに感じていた景色も

起き上がってよく見るとなんか辿り着けそうじゃん


君の大好きだった歌 街に流れる

それは偶然が僕にくれたさりげない贈り物


Ah 旅立ちの唄

さぁどこへ行こう? またどこかで出会えるね Ah

とりあえず「さようなら」

自分が誰か分からなくなるとき君に語りかけるよ

でももし聞こえていたって返事はいらないから・・・


大切なものを失くしてまた手に入れて

そんな繰り返しのようで その度新しくて

「もうこれ以上涙流したり笑いあったりできない」と言ってたって

やっぱり人恋しくて


今が大好きだって躊躇などしないで言える

そんな風に日々を刻んでいこう

どんな場所にいても


Ah はじまりを祝い歌う最後の唄

僕は今手を振るよ Ah

悲しみにさようなら

疲れ果てて足が止まるとき 少しだけ振り返ってよ

手の届かない場所で背中を押しているから


Ah 旅立ちの唄

さぁどこへ行こう? またどこかで出会えるね Ah

とりあえず「さようなら」

自分が誰か忘れそうなとき ぼんやり想い出してよ

ほら 僕の体中 笑顔の君がいるから

背中を押しているから

でも返事はいらないから


tabidatinouta.jpg

SO YOUNG 

SO YOUNG THE YELLOW MONKEY



花が開いて 陽ざしに溶けて

君が笑った うたかたの午後

街はおだやか 風の匂いも

やわらかだから 君を抱いた

それはなんて青春 赤く開いた天国への扉さ

誰がなんて言っても 君が好きだよ

春はなんか優しくて残酷


今を生きるのは過去があったから

わめきちらして未来を探した

それはなんて青春 白く震えた旅人に残る絆さ

たとえ遠く離れても僕は僕だよ

ただそばに 今はそばに Yeah


あざやかな朝日を浴びて歩こう

すべての愛と過ちを道づれに


終わりのない青春 それを選んで絶望の波にのまれても

ひたすら泳いでたどりつけば

また何か覚えるだろう


誰にでもある青春 いつか忘れて記憶の中で死んでしまっても

あの日僕らが信じたもの

それはまぼろしじゃない ない ない

SO YOUNG!!


soyoung.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。